最新記事更新情報
Sponsored Links
UAE皇太子、ムン大統領との首脳会談をドタキャン ⇒ ムン大統領の発言にブチギレた模様wwwwww
11時 5分 更新  |  海外ニュース

UAE皇太子、ムン大統領との首脳会談をドタキャン ⇒ ムン大統領の発言にブチギレた模様wwwwww

 
0
tweet
はてブ
いいね!

UAE皇太子、ムン大統領との首脳会談をドタキャン ⇒ ムン大統領の発言にブチギレた模様wwwwww

2022年1月17日、韓国・毎日経済によると、アラブ首長国連邦(UAE)を訪問中の文在寅大統領が17日にムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子と首脳会談を行なう予定だったが、突然中止となった。

記事は「UAEと韓国防衛産業史上最大となる4兆ウォン(約3843億円)規模の『天弓-2』ミサイル輸出契約を結んだが、訪問国の首脳との会談が突然中止となったことでその成果が色あせてしまった」と指摘している。

韓国大統領府関係者は16日、「アブダビ皇太子主催の持続可能性週間の開幕式とザーイド賞授賞式への出席をきっかけに皇太子と首脳会談を行なう予定だったが、皇太子が予期せぬ事情により出席できなくなった」と発表した。

同関係者は「UAE側は『unforeseen and urgent matter of state(予期せぬ緊急の問題)』と説明し、丁重に理解を求めたきた」と明らかにした。

「UAE側の“事情”は新型コロナウイルス問題なのか」との質問に対しては「正確には分からない」と答えたという。

また、文大統領は皇太子の代わりにムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームUAE首相と会談を行なったが、これについては「アブダビ皇太子は序列3位、アール・マクトゥーム首相は2位のため首脳会談として遜色無い」と説明したという。

この記事を受け、韓国のネットユーザーからは

「わざわざUAEまで行ったのに…」
「UAEから招待を受けて行ったんだよね?」
「ただ遊びに行っただけじゃないか」
「任期末に恥をかかされたな。本当に国賓訪問だったのか疑問。国民が恥ずかしい思いをした」

など厳しい声が続出している。

index_6
2022年1月17日(月) 14時30分
https://www.recordchina.co.jp/b888114-s39-c100-d0191.html
※毎日経済の元記事(韓国語)
https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2022/01/47644/
(記事の後にコメント欄)

関連スレ
【国際】UAE、文大統領との首脳会談をドタキャン 理由も明かさず [動物園φ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1642390427/




ふーん いやもう日米欧中からシカトされてる時点で察しろよ





☆おすすめ記事☆






Sponsored Links



はいはいわろす 
たぶんこれのせい

【文大統領】「韓国とUAEが協力して水素産業を育てれば新たな機会を得る」=韓国 [1/16]

アラブ首長国連邦(UAE)を訪問中の韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は16日(現地時間)「水素産業は炭素中立の鍵だ。炭素中立は確かに容易ではないが、両国が連帯と協力で水素産業を育てていけば挑戦の中から新たな機会を得る」と明らかにした。

文大統領はこの日、ドバイで開かれた‘韓国-UAE水素協力ビジネスラウンドテーブル’の行事に出席し、両国の経済人たちの前でこのように述べた。

文大統領は続いて「水素はクリーンエネルギーの中で最も活用度が高い。自動車、船舶、航空機の原料にもなるし、燃料電池にも活用されているので多くの国が注目している。UAEも(政府と企業が参加する)『アブダビ水素同盟』を作り、グリーン水素とブルー水素の生産工場を強化している」と紹介した。

グリーン水素は水を電気分解して得られる水素であり、ブルー水素は化石燃料から生産される環境にやさしい水素だ。

文大統領は「韓国も世界で初めて水素法を制定し、水素経済基本計画を樹立して生産、活用、流通などにおいて水素経済の生態系を強化している。特にモビリティと発電産業に水素の活用を拡大し、水素供給インフラを全国に構築している」と説明した。

また「韓国の代表的な大企業10社が水素同盟を主導するなど、企業も果敢に投資している。両国が協力すれば水素経済を先導することができる」と繰り返し強調した。

文大統領は「韓国とUAEは砂漠の遠い道を共に越えているように、特別な友情国として共同繁栄している。水素産業は両国がより高く跳躍できる協力分野だ」と明らかにした。

続いて「両国は特別戦略的パートナー関係にあり、バラカ原発をはじめ、エネルギー、国防、防衛産業、保健、農業などの様々な分野で協力している」と今後は水素産業分野でも協力を強化しなければならないと強調した。

文大統領は「両国政府は2019年に水素都市協力を発表し、UAEに韓国型水素公共交通システムを構築している。両国の企業もブルー水素開発に合流しており、大規模ブルーアンモニアプラント建設を推進している」と伝えた。

さらに「本日、両国の経済人が一堂に会した席で水素の生産と活用のための共同研究、協約と水素産業協力プロジェクト了解覚書(MOU)を締結し、支援を後押しする」と述べた。

文大統領は「韓国政府は企業間水素協力がもっと活性化するよう、惜しみなく支援していく。炭素中立に基づき、両国協力の模範を世界に示すことができるだろう。経済人たちが先頭に立ち、知恵と力を合わせてほしい」と要請した。

WOWKorea 2022/01/16 23:34配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/331427/
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1642356002/



KinokoruSensei これはどういう事?




シャキーン いつもの如く、そんな事は言っていない案件




しい 勝手に言って来て勝手に合意したようにされ
      勝手に怒るから最初から相手しないという方針




モナー 産油国に行って脱石油を嬉嬉として語ったらそりゃあ怒るわ




ラナー 秘密裏に提案ならともかく勝手にしゃべってるもんな




ギコ 勝手に押しかけたに決まってるだろ




しい 韓国って原発関連でUAEになんかやらかしてなかったっけ




KinokoruSensei 文在寅の脱原発政策が原因で違約金が発生
      軍を派遣する密約も破棄
      当然UAEは韓国にブチギレ
      たぶんドタキャンも初めから決まってた




プギャー 原因は多分これだろうね




ふーん 格下扱いされて自尊心崩壊w




はいはいわろす 格下で当然だろ




KinokoruSensei え?なんで来たの?
      え?え?会う予定なんてないよ?




シャキーン 予定はあった。
      初めからドタキャンするつもりで招待した。




しい 単に押し掛けただけだろ




KinokoruSensei 約束を守らない奴と話をするか?




プギャー >国民が恥ずかしい思いをした




ふーん こんなんより恥じるべきことならもっと他にあるんだが




モナー 恥ずかしい思いとか、いつもメンツばかり気にする民族だな。




ギコ これはUAEから完全に嫌われてるな
      普通あり得ない




ラナー しかしコイツら世界中で嫌われてんなw




しい その姿勢が諸外国に嫌われる要因




プギャー UAEは救われた
      関わらない限り1000年保証




KinokoruSensei ホント落ち目で笑える国だなw




Hikki- 民主党の時の日本も今の韓国みたいな扱いだったけど…




プギャー 今以上恥ずかしい事があったとは!




プギャー 恥ずかしいのう~  恥ずかしいのう~




netacho これが外交の天才ムンムンか!www






☆おすすめ記事☆






Sponsored Links

コメント いつもありがとうございます
※以下に該当するコメントはご遠慮願います

※ヘイトスピーチ:
 特定の人種、民族、宗教、年齢、性別、性的指向、身体的障害などに基づく
 差別的またはヘイトフルな内容
 一部の人々を差別的に描写していると解釈できるコメント
 ・例「○○人は野蛮」「〇〇は出て行け」「○○民族だから〇〇」「男だから女だから○○」
 ・悪口と思われるコメントはNG
 文句を言いたい気持ちはわかりますよ・・・
 一応、特定の国の人の名称、差別的な言葉、暴言等はNGワードに設定してます

※誤解を招く表現:
 特定の商品、組織、個人に対する内容
 ・例「◯◯国製は身体に悪い」「◯◯会社の商品はガンになる」等々

※ハラスメントやいじめ:
 他の人を脅したり、威嚇したり、ハラスメントを行ったりするような内容

※個人のプライバシー侵害:
 他人の個人情報を無断で公開

※有害な行為や危険行為:
 他人を傷つける行為や自己の危険を無視する行為を推奨する内容

※違法な活動:
 違法な活動を推奨したり、その実行を援助したりするような内容

※コピペ連投・荒らしコメント

※上記注意を無視したコメントはIP弾きます
 コメント出来なくなった時はそういう事なのでご了承ください

カテゴリ: 海外ニュース
人気サイト最新記事
スポンサー
おすすめ記事
人気記事
人気記事
最新記事
スポンサー