最新記事更新情報
Sponsored Links
【悲報】ロシア軍のミサイル、残りの数がヤバい事になってしまった模様・・・・・
8時 5分 更新  |  海外ニュース

【悲報】ロシア軍のミサイル、残りの数がヤバい事になってしまった模様・・・・・

 
0
tweet
はてブ
いいね!

【悲報】ロシア軍のミサイル、残りの数がヤバい事になってしまった模様・・・・・

ダウンロード (1)
ミサイルと弾薬を生産するロシアの軍産複合体の企業は、24時間体制の操業に切り替えています。

これは、軍の参謀によって報告されました。

ほぼすべてのミサイル弾薬と弾薬が消費されたため、軍事政治指導部は、「キャリバー」とMLRS「トルネード」の弾薬の製造に関与するロシア軍産複合体の企業をラウンドザに移すことを決定しました。クロック操作。」、-それはメッセージで伝えられます。

ご存知のように、ロシアはウクライナでの戦争で航空機の3分の1を失いました。ロシアはまた、軍隊の人的資源を大幅に枯渇させており、秘密の動員を実行し、いわゆる「ボランティア」、徴集兵、士官候補生、およびシリアアラブ共和国からの傭兵を募集するために極端な措置を講じています。

https://www.unian.ua/war/znachni-vtrati-v-rosiji-cilodobovo-viroblyatimut-raketi-ta-boyepripasi-novini-vtorgnennya-rosiji-v-ukrajinu-11749258.html







プギャー
実はロシアはスゲー弱いんじゃない?
アメリカも実はめちゃくちゃ弱い可能性ある。

俺の会社でも、部長で2000万近くあって貫禄ある人もエクセルで足し算もできないし、ひらがな入力だったのはワラタ







KinokoruSensei
アメリカはマジ強いて
知らんだけやろ







ギコ
アメリカだけは
ガチで強い






☆おすすめ記事☆






Sponsored Links

Sponsored Links

Hikki-
極強だろうな。
アメリカ以外の全世界VSアメリカくらいで戦わないと、今のアメリカって負けないよ。
そんな局面あるか?ないだろ?







はいはいわろす

敗戦国の末路







モナー
この戦争は最悪プーチンが逝くまで続く
10年レベルになる可能性もある







Hikki-

思うように進んでないストレスからポックリ逝く可能性もあるでないで







しい

24時間戦えますか?







KinokoruSensei

ロシア人はこんなにたくさんの兵士が死んでも平気なのか
知らされていないだけなのか







ふーん

末期感が凄いな







ふーん

おそロシアの実力ってこんなもんなの?







KinokoruSensei

プーチン探しが始まるね 国土広いから大変







しい
プーチンは毎日日記ぐらいつけてるんだろうな?
ルーズベルトとかヒトラーみたいに
その時に何考えていたか分からんと歴史家が困るんだよ







はいはいわろす
ロシアが弱すぎてまるでウクライナがロシアに侵攻してるようだ







Hikki-

今攻め込めば勝てるんじゃね?アメかNATO







しい
危険だな
戦術核あるで







シャキーン
ここから続く戦争は戦力の逐次投入にしかならん
もはやロシアの勝ち目はない







ラナー

もう3週間?







はいはいわろす

これこそ油断させるためのフェイクニュースなんじゃないの







モナー

欧米側は衛星画像をつかって情報の裏取りができるからなぁ







ラナー

なんだよもう終わり?
ショボい







しい

ロシア同盟国の武器も足りなくなるな







はいはいわろす

これから年数をかけてただ人口が多いだけの産油国になっていくのかな?







ギコ

前の大戦ではアホみたいに戦車や大砲作ってたのに 
こんな弱い国になってたんか







モナー

アメリカの支援があってこそ







ラナー

冷戦時代は敵国がアメリカだったので
戦車や大砲を大量に作ってもアメリカへ持っていけないから大陸弾道ミサイルを開発してた







プギャー
今、NATOが参戦すれば王手だな。







netacho
時間が経てば経つほどロシアは窮乏し、ウクライナは西側の支援で肥え太るのか…
なんつーか皮肉やね






☆おすすめ記事☆






Sponsored Links

カテゴリ: 海外ニュース
人気サイト最新記事

コメントに対するクレームが来ましたのでコメント欄を閉鎖します。

スポンサー
おすすめ記事
人気記事
スポンサー