最新記事更新情報
Sponsored Links
【画像】世界柔道、21歳のウクライナ人選手がめちゃくちゃ可愛いwwwwwwww
13時 5分 更新  |  スポーツニュース

【画像】世界柔道、21歳のウクライナ人選手がめちゃくちゃ可愛いwwwwwwww

 
0
tweet
はてブ
いいね!

【画像】世界柔道、21歳のウクライナ人選手がめちゃくちゃ可愛いwwwwwwww

1: ID:AXTl/UVR0
no title

女子57キロ級、ダリア・ビロディド「ウクライナが強い国だということを示したい」母国への思い胸に再び世界の頂点へ【世界柔道】

10月6日からウズベキスタン・タシケントで開幕する、2022世界柔道選手権。

8日の57キロ級では特別な思いを持って出場するウクライナ代表の選手がいる。
2018、2019年、世界選手権女王のダリア・ビロディド(21歳)だ。
2018年の世界選手権では、48キロ級の最年少優勝記録を塗り替える17歳で世界女王に輝き、2019年には連覇も成し遂げた。

その美貌にも注目が集まり、モデルを務めることも。
しかし華やかで、順風満帆だった彼女の生活が、ある出来事によって奪われた。
ビロディドが自ら経験した壮絶な日々をフジテレビのカメラだけに語ってくれた。
2022年2月ロシアによる侵攻ですべてを失った

「私が寝ているとき、午前5時に母に起こされ『戦争が始まった』と急に言われ、すごく怖かったです。いつ死んでもおかしくない状況で、ずっと泣いていました」

2022年2月、ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が始まった。
すぐさまビロディドの自宅近くでも爆撃の音が聞こえてきたという。
死と恐怖と隣り合わせの中、彼女は20時間かけてウクライナ西部へ避難し、友人とアパートを借りおよそ10日間を過ごした。
しかしそこの町では、全ての施設が戦争によって閉じてしまい、練習もできない状態が続いた。
「私が育ったキーウではスポーツや勉強など、何でもできたんですが、この町は違ったし、戦争で全てが閉まってしまい、
練習もできませんでした。外は寒すぎたし、ジムは人々の避難場所として使われていたので
、鬱(うつ)のような状態で何事にもやる気が起きず、体も頭も亡くなるような状態でした」

故郷を追われ悲しみにくれる中、ビロディドに声をかけたのは様々な国の柔道仲間たちだった。
「一緒に練習しよう、一緒に暮らせばいい」
そんな温かい言葉が、途方に暮れる彼女の心を突き動かした。
母国を離れる苦渋の決断を下し、練習拠点を提供してくれるスペインのバレンシアへと渡った。
「車で約3日間かけてスペインに来ました」
決死の避難をしてきたビロディドに、スペインチームは再び柔道ができる環境を提供。
「良い場所とは知っていましたが、スペインチームの全員が全面的にサポートしてくれて、私にとってバレンシアは第2の故郷。
本当の地元のように感じるし、自分のチームのように感じます。ここに来て良かったですし、今は思っていた以上に幸せです」

生死をさまよう壮絶な体験をし、絶望的な状況にいたビロディド。
そんな彼女に生きる活力を与えたのは、やはり「柔道」だった。
https://nordot.app/949985443591225344?c=729912671989710848


☆おすすめ記事☆












Sponsored Links

Sponsored Links


10: ID:AXTl/UVR0
FNN 世界柔道 ダリアPV



11: ID:k82YDfqL0
昔からよく画像はられてるこの美人柔道選手はウクライナの人だったか
ウクライナはマジで美人多いのう


23: ID:Sfg/i2Yu0
顔のわりに結構エグい柔道するんだよなw


9: ID:Cvq4oNcm0
想像よりも美人だった



☆おすすめ記事☆












Sponsored Links

カテゴリ: スポーツニュース
人気サイト最新記事

コメントに対するクレームが来ましたのでコメント欄を閉鎖します。

スポンサー
おすすめ記事
人気記事
スポンサー